関連情報

関連情報一覧

【内閣官房】水際強化に係る新たな措置について 7月16日付

2021年07月16日

標記につきまして、経済産業省を通じて、内閣官房より周知依頼がありましたのでお知らせします。

詳細につきましては、下記をご覧ください。

 

本日7月15日、水際強化に係る新たな措置が公表されました。当該措置は7月18日午前0時から実施される予定です。

本措置導入は、日本人の帰国時及び在留資格保持者の再入国の対応等に影響を与えるものですので、

大変お手数ですが、会員企業・団体等に御周知頂けますと幸いです。

概要は以下のとおりです。なお、いずれの場合でも入国後14日目までの自宅等待機が必要となります。

 

1.「水際対策上特に懸念すべき変異株に対する指定国・地域」についての措置の強化

(1)検疫所長の指定する場所で6日間待機し、入国後3日目及び6日目に改めて検査。

 ロシア(モスクワ市)(現在、指定場所で3日間待機)

 

(2)検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で3日間待機し、入国後3日目に改めて検査。

 コスタリカ、ドミニカ共和国、ナミビア、ロシア(サハ共和国)(現在、指定場所での待機なし)

 

2.「水際対策上特に懸念すべき変異株に対する指定国・地域」についての措置の緩和

(1)検疫所長の指定する場所での待機および入国後3日目の検査を不要とし、入国後14日までの自宅等での待機

 ベトナム、ラトビア(現在、指定場所で3日間待機)


3.「水際対策上特に懸念すべき変異株以外の新型コロナウイルスに対する指定国・地域」についての措置の緩和

(1)検疫所長の指定する場所での待機および入国後3日目の検査を不要とし、入国後14日間の自宅等での待機

 スイス(現在、指定場所で3日間待機)

------------------------

<参考:各措置の指定国・地域一覧(7月18日午前0時時点)> 

1.水際対策上特に懸念すべき変異株に対する指定国・地域 

(1)指定宿泊施設での10日間待機(14日目まで自宅等待機)、入国後3、6、10日目の検査、在留資格保持者の再入国拒否

  アフガニスタン、インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、モルディブ

 

(2)指定宿泊施設での10日間待機(14日目まで自宅等待機)入国後3、6、10日目の検査

 インドネシア、キルギス、ザンビア

 

(3)指定宿泊施設での6日間待機(14日目まで自宅等待機) 、入国後3、6日目の検査、在留資格保持者の再入国拒否

 バングラデシュ

 

(4)指定宿泊施設での6日間待機(14日目まで自宅等待機)、入国後3、6日目の検査

 アラブ首長国連邦、ウガンダ、英国、マレーシア、ロシア(モスクワ市)

 

(5)指定宿泊施設での3日間待機(14日目まで自宅等待機)、入国後3日目の検査

  アイルランド、アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、エジプト、オランダ、カザフスタン、キューバ、ギリシャ、コスタリカ、コロンビア、スウェーデン、スペイン、スリナム、セーシェル、セントクリストファー・ネービス、タイ、チュニジア、チリ、デンマーク、ドミニカ共和国、トリニダード・トバゴ、トルコ、ナミビア、パラグアイ、フィジー、フィリピン、ブラジル、米国(アイダホ州、アーカンソー州、アリゾナ州、オレゴン州、ケンタッキー州、コロラド州、ニューメキシコ州、ネバダ州、ミシシッピ州、モンタナ州、ユタ州、ルイジアナ州、ワイオミング州、ワシントン州)、ベネズエラ、ベラルーシ、ペルー、ベルギー、ボリビア、ポルトガル、南アフリカ共和国、ヨルダン、リビア、ロシア(カレリア共和国、サハ共和国、サラトフ州、ニジェゴラド州、モスクワ州、サンクトペテルブルク市)

 

2.水際対策上特に懸念すべき変異株以外の新型コロナウイルスに対する指定国・地域 

 指定宿泊施設で3日間待機(14日目まで自宅等待機)、入国後3日目の検査 

  米国(フロリダ州)

 

 

詳細は、以下の内閣官房HPを御確認ください。

 

  • iso/tc45国内審議委員会委員限定ページへ移動します
  • 月報購読者向け特許庁公報
  • 特許庁公報のページのはいりかた
  • 特許庁公報
  • 総会・幹事会のご案内のページに移動します
  • 日本ゴム工業会のあゆみのページに移動します
  • 会員向けのページの入りかたのページに移動します
  • ゴムライニングブックのページに移動します

PAGETOP

一般社団法人日本ゴム工業会  東京都港区元赤坂1-5-26 東部ビル2階 〒107-0051  代表電話番号(03)3408-7101